ペルシャ絨毯のクリーニングは、専門業者にお願いしよう

通常、絨毯は、床に敷いて、毎日足で踏むものなので、汗やホコリ、ダニなどで汚れてしまったり、上に置いた家具のあとがくっきりとついてしまうこともあります。

また絨毯の端がほつれてしまうこともありますし、うっかり穴をあけてしまうこともありえます。

最近では、ゴミやホコリを強力に吸い取るハイパワーの掃除機が販売されていますし、敷いたまま泡やパウダーをかけることで表面の汚れを除く洗剤や、除菌スプレーもたくさんの商品が出ています。

しかし、それでも、根本的な汚れは落ちないので、一般的には、絨毯は2年か3年に一度は、丸洗いした方が良いといわれています。

絨毯のクリーニングは、一般のクリーニング店でも受け付けてくれますが、せっかく奮発して買った高価なペルシャ絨毯ともなると、やや仕上がりが心配になります。

そんな方には、絨毯のクリーニングの専門店に丸洗いをお願いすると安心です。

ペルシャ絨毯は、美術的な価値が高いものですから、専門業者には、絨毯の洗浄や乾燥の設備が整っており、色落ちを防いだり、生地を傷めたりしないように、最新の注意が払われています。